インフレータブル”ZEN”6年保証キャンペーン(2023.8.20まで)

ウェルディングレールテクノロジー

もうインフレータブルボードSUPがバーストすることはありません!

スターボードは、強度と耐久性において業界をリードするインフレータブルボードを製造する画期的なプロセスを開拓しました。

>>長持ち
>>空気漏れなし
>>安全で信頼できる

スターボードのウェルディングレールテクノロジーは、スターボード製品のインフレータブル ボードシリーズ全てに採用されており、高度な熱溶接プロセスを使用して、ボードのデッキとボトムをレールバンドに機械的に結合します。これらの接合部は永続的な接合を形成しており、スターボード製のインフレータブルボードは市場で最も耐久性のあるボードになっています。

“ZEN”インフレータブル

6 年保証キャンペーン

ウェルディングレール技術により2023 年 3 月 1 日から 8 月 20 日までの間に購入された ZEN ボードに特別な 6 年間の保証(※) を提供します。(延長保証には 2023 年 9 月 30 日までに登録ページでご購入様ご自身での登録が必要となります)

今シーズンの ZEN を購入し、6 年保証に登録するには、こちらの登録ページから >

※ウェルディングレールからの空気漏れの保証を標準の(製造後)2年間の保証に追加の4年間の延長保証。 このキャンペーンは、同様の保証をすべてのインフレータブルボードに適用することを決定する前の、長期的な実現可能性を証明するための試行プロジェクトです。

スターボードの手頃な価格のインフレータブル パドルボード”ZEN”シリーズは、水上に出て楽しみたいライダーに最高の価値を提供します。

ZEN 構造は、ベストセラーの SUP モデルと、これまでで最もスリムで軽量、そして最も価値志向のインフレータブル パドル ボード構造を特徴としています。 最高のコアエッセンシャルで構築されたこれらのボードは、スタンドアップパドルボーディングを始めるのに理想的な SUP ボードです。

すべての ZEN インフレータブル モデルに、ウェルディングレール技術が採用されています。

なぜウェルディングレール技術が必要なのか?

1 . 空気漏れなし:

レールを溶接することが、ボードの空気漏れを防ぐ唯一の方法です。スターボードは、レール生地をドロップステッチに機械的に結合する、最も先進的で信頼性の高いレールウェルディング技術のパイオニアです。これにより、ボードの耐久性が向上し、長持ちし、環境に優しくなります。

2 . 長持ち:

スターボードは、ウェルディングレール技術が最初に導入されて以来、空気漏れの問題に関してすべてのインフレータブル ボードで 0.16% の保証率を持っています。これは、1000 枚のボードのうちわずか 2 枚です。この技術は、当社専属の工場が製造するすべてのスターボード製インフレータブルボードで提供されています。

3 . レールは重要なエリア:

ボードのレールは、ボードのデッキとボトムという 2 つの主要コンポーネントが接続している唯一の領域です。したがって、空気漏れに対する重要な領域です。

キャンペーン内容

スターボードは、ウェルディングシーム技術を SUP ボードの生産に導入した最初のブランドです。この優れた技術により、合わせ目からの空気漏れの保証率を過去数年間で 0.19% まで下げることができました。この実証済みの実績により、SUP Starboard Inflatable Board は長期間にわたって気密性を維持できるという確信が得られました。以下の条件の下で、エントリーレベルの ZEN シリーズの保証範囲を延長できることを誇りに思います。

条件:

  • 2023 年 3 月 1 日~2023 年 8 月 20 日の期間に スターボード ZEN ボードを購入し、正規販売店で購入した購入証明書がある場合のみ、このキャンペーンに登録できます。
  • 登録ページで申請可能な 2023 年 9 月 30 日までに、登録ページでボードを登録する必要があります。
  • 検証および登録された ZEN ボードのみが、空気漏れに関する標準の(製造後) 2 年間の保証から 4 年間の延長保証を取得します。
  • 保証請求は、製品交換によってのみカバーされます。
  • 交換品は、ボードを購入した販売店からのみ受け取ることができます。
  • 4年の延長保証は、ウェルディングレールの空気漏れにのみ適用されます。
  • 使用による損傷などは保証対象となりません。

6 年保証に登録するには、こちらの登録ページから >

STARBOARD SUP 取扱店

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

PAGE TOP