インフレータブルSUP
ウェルディング圧着

スターボードのSUPにはウェルディング圧着の技術が採用されています。

WELDINGTECHNOLOGY

スターボードインフレータブルは、
すべて溶着技術を取り入れています

接着剤との永遠の決別。Starboardの新しい融着技術が2つを1つにします。
熱融着によって、別々だった2つのPVCパーツを、1つのソリッドなユニットにします。
PVCの熱融着は機械的接合で、超強力で高寿命、そして、環境負荷を軽減しています。

Comparison

従来の接着剤に比べ、溶着技術による熱融着では耐久性が全く異なります。
インフレータブルSUPに安全と耐久性をもたらします。

比較画像

AN INTERVIEW開発者へのインタビュー

Welding技術を開発するきっかけは何ですか?インスピレーションは何でしたか?Welding技術の誕生の話を聞かせてください?
3年程前から自社製品を含む多くのインフレータブルボードが市場で見られるようになってきましたが、その頃から使用の限界を迎えたボードが出てきました。インフレータブルボードを購入し、数年使用した後、もう使用できない状態のそれを発見した顧客がいることに悲しみを感じました。接着剤が劣化したため、ボードが空気漏れを起こし、生地の合わせ目が開いたのです。想定していた期間、製品を楽しむことができなかった顧客は不公平感を感じました。同時に、わずか数年後に当社の製品も最終的に同じ結果になる可能性があることに不安を感じました。メーカーとして、より良い解決策を見つけることが私たちの義務であると感じたため、このプロジェクトを開始しました。
Welding技術の開発中、どのような目標とゴールがありましたか?
まず、代替の接着剤を検討しました。さまざまな種類の接着剤をテストするためにラボに行きました。しかし、特にPVCを使用した場合、接着剤の寿命は限られていることがわかりました。接着剤の性能に影響する要素について多くのことを学びました。しかし、接着剤はその性能の限界と時間の経過とともに劣化するため、究極の解決策にはなり得ないことも認識しました。そのため、PVC層に適切な機械的結合を提供する別の解決策を探しました。 それがPVCの層間に長持ちする結合を与え、どの接着剤よりもはるかに耐久性がある溶着(Welding)技術に私たちを導いたのです。
技術の開発と作成のプロセスを説明できますか? 溶着と接着剤をどのようにテストしましたか? 結果はどうだったでしょう?
溶着が良い解決策になる可能性があることは、超耐久性ラフティングボートやウォーターパークの巨大なインフレータブルグッズなど、他のPVC製品で既に使用されていたのでわかりました。しかし、完全に理解するためには実験する必要があり、様々な溶着方法もありました。私たちは多くの研究を行いました。しかし、この技術をパドルボードに適用できた例が今までにないことがわかりました。あらゆる種類の材料について多くの研究と実験を行った後、開発を開始するために熱風溶接機を購入しました。数え切れないほどの障害を克服するために独自のツールを作成する必要がありましたが、それでも希望する結果は達成できませんでした。それでも、すべての実験から、熱風溶接法が期待した機械的結合を提供することがわかりました。これは私たちが達成したかった最も重要なことですが、他の課題は解決するために継続して取り組む必要があるものです。
溶接技術の開発中に直面した課題や問題は何ですか?それらをどのように解決しましたか?

Starboardはこの技術を数年かけて開発しました。開発プロセスには多くの課題がありました。ドロップステッチを溶接する際の最大の障害は、素材内部のすべての毛糸です。中空のチューブやラフティングボートの継ぎ目を溶接するのとはまったく異なり、物事は非常に困難になります。この問題を克服するには、特定のジョブを処理するための適切なツールを見つける必要がありました。手動ツールとハンドヘルドツールを試してみたところ、必要である一貫性を得るにはほど遠いことがわかりました。そして課題は、仕事を遂行するために必要な許容範囲を備えた包括的な機械を見つけることでした。私たちは、機械とこの困難な素材に対処するための適切な経験を求めて世界を探し回りましたが、最終的には自分でテストして学ぶしかありませんでした。

機械を見つけた後、良好な結果を得るために不可欠な主要な要素をテストし、学習する必要がありました。この機械を使用すると、直線で簡単に溶接できますが、すべてのパドルボードには、物事を難しくする曲線と角があります。すべてを手に入れることはできず、妥協する必要がありました。コンセプトを固め、私たちは溶着技術の中間地点に着きましたが、製品の最高のデザイン・外観のためにまだ接着剤の方が有用でした。満足のいく結果を得るには、多くの試行錯誤が必要でした。

私たちが合わせ目を溶着するというアイデアを紹介したとき、私たちの工場は以前に試みて失敗したと言って、躊躇しました。完成したサンプルを見せた後、彼らはまだ懐疑的だったので、工場の所有者とチーフエンジニアをタイに招待してプロセスを見せました。それができることを証明したとき、私たちは工場と協力してプロセスを微調整し、生産に実用的なものにしました。

開発者の観点から、Welding技術がどのように技術的に機能するかを説明してもらえますか?
それは非常に単純です。ドロップステッチ素材のトップコーティングはPVC層であり、このPVC層は特定の温度で溶融します。接着剤なしで2層のPVCを貼り付けるには、PVCの2つの表面を融点まで加熱してから一緒に押し付ける必要があります。冷却後、2つのPVC層は1つに結合します。
Welding技術に取り組んでいる間に、予想外の驚きはありましたか? あなたは何かを学び完了するために更に何かを学ばなければなりませんでしたか?
開発プロセスでは、溶着の経験がなかったため、すべてが新しいものでした。また、他のほとんどの人が同じ状況でしたので、私たちはほとんど助けも支援も見つけられませんでした。しかし、誰もが不可能だと言っても、解決策があることを学びました。
溶着技術の今後についてどう思いますか? (変更点またはさらなる開発?)
溶着技術はさらに開発する余地がまだあります。現在の技術とプロセスはエラーを許容する余地が少なすぎるため、熟練した溶接工が必要であり、良い結果を得るには時間がかかります。

faq

なぜ、スターボードなのか?

Q.- 2019 年、スターボードのインフレータブルボードはどこが一番進化したの?
A.- WELDING テクノロジーと言って、ボードの整形に接着剤を使用せず、融着で結合しています!
Q.- 融着って何?
A.- デッキとボトムの生地を熱で溶かして生地同士を結合します。
Q.- メリットは?
A.- 従来の接着剤での結合は、環境の変化や温度上昇で接着剤の接着接着力が一時的に衰えます。
融着結合にはその心配がありません。また接着剤の不使用分だけボードが軽くなります。
Q.- デメリットは?
A.- ありません!融着用の特別な機械が工場で稼働していますが価格はそのままです。
Q.- 価格の髙いボードだけが融着なの?
A.- いいえ、スターボードが製造するすべてのインフレータブルボードが融着結合です!
Q.- その他どんな特徴がある?
A.- スターボードのインフレータブルボードは主に3種類の構造からお選びいただけます。(2020モデル)

ZEN…熱溶着(Welding)レール、2000Dガルバナイズ圧縮レール、エクスクルーシブシングル新レイヤーライナードロップステッチ、高品質ダイカットパッドなどの技術を搭載し、コストパフォーマンスが髙く軽量なベストセラーコンストラクション。

DELUXE SINGLE CHAMBER…熱溶着(Welding)レール、ウーベンドロップステッチ、融着結合、2000Dガルバナイズ圧縮レールなどの技術を搭載した、インフレータブルボードのスタンダードモデル。

DELUXE DOUBLE CHAMBER…熱溶着(Welding)レール、ウーベンドロップステッチ、融着結合、2000Dガルバナイズ圧縮レール、3Kカーボンファイバーバンドなどの技術を搭載したインフレータブルボードのハイエンドモデル。
2気室に別れた構造から安全性とボードの剛性を提供します。2つ目のチャンバーの側面生地がダブルアイビームのような働きをすることで、その乗り心地はハードボードのような感覚に近づきました。