ドリームチームチャンピオンの勝利の秘訣

2019/12/24




ドリームチームのチャンピオンは、勝利の秘密を共有することに同意しています。 Delphine Cousin、Sarah-Quita Offringa、PhilipKösterは2019 PWAワールドチャンピオンです! フィリップ・コスターが5回目のWave世界タイトルを獲得し、サラ・キタ・オフリンガが17回目のPWA世界チャンピオンタイトルを獲得しました。 デルフィーヌ・カズンはまた、2019年に彼女の名前に2つの世界タイトルを追加し、彼女のスコアを信じられないほどの5タイトルにしました。 1つのタイトルを獲得すると、次のタイトルが続きます。サラ・キタは次で18タイトルになります。チャンピオンに追いつき、勝利の秘訣を見つけましょう。




●SARAH-QUITA OFFRINGAへのインタビュー
こんにちはサラ、まず第一に、本当におめでとうございます!スターボードでは、ウィンドサーフィンのキャリアが始まってからチームに加わったことを非常に誇りに思っており、世界で最も多才なライダーの1人への驚異的な発展を目の当たりにしてきました。近年、3つの分野すべてでタイトルを獲得したライダーは他にいません。あなたは女性のウィンドサーフィンの生きた伝説となり、わずか28歳で多くの若いウィンドサーファーへインスピレーションをあたえています。あなたが勝ちとったばかりのWaveタイトルは、あなたにとってパズルの最後の行方不明のピースのようで、特にここ数年、Waveのスキルを向上させることに多くの時間を費やしているのを見ました。この長期目標を初めて達成したとき、どのように感じましたか?

こんにちは!どうもありがとうございます!

それは私にとって少し予想外の夢が実現したことです。過去3年間、私は本当にセーリングに心と努力を注ぎました。今年はカナリアで本当にいい気分でしたが、グランカナリアとテネリフェの3分の2の場所であまり良くスタートできませんでした。

ですから、カナリア諸島で最終戦を振り返ってみると、今年がこのようになるとは思いませんでした。アロハクラシックで優勝し、その最初のウェーブタイトルで、夢のような気分になり、すでに途方もなく楽しい年であったことに圧倒されました!私はウィンドサーフィンのすべてが大好きで、このスポーツが提供するものすべてを楽しみたいと思っています。そのため、私はさまざまな分野に自分自身を挑戦しています。




すでに3つのカテゴリすべてでタイトルを獲得しているので、目標リストの次は何だろうと疑問に思います。

次は何でしょう!モチベーションのほとんどは改善したいことから来ていると思います。ですから、今はタイトルを獲得しましたが、ありがたいことにウィンドサーフィンで学ぶことができることはまだたくさんあります。まだ習得すべきジャンプとウェイブのトリックがいくつかあります。ですから、私は間違いなく競争を続け、次のレベルに自分を押し続けます。それ以外は…今のところこれを楽しんでいると思うし、いつかはリセットして、好きな場所でウィンドサーフィンに集中するつもりです。

勝利の秘訣は何ですか?ほとんどの偉大なアスリートにとって、それは精神の状態です。あなたが競技しているとき、あなたはどのようにその状態を説明しますか?

はい、精神の状態だと思います。緑色の旗が上がったら、トンネルビジョンコンペティションモードに切り替えます。緊張しすぎないことで、不可能など無いと感じることができます。それをコントロールすることができると良いヒートに抑えることができます。

競技しているときは、負けるという選択肢は無いと思う事です。そうすれば勝ちます...笑。

そして重要なことは競技を楽しむこと、競争を通して自分自身が挑戦することでステップアップすることです。




あなたはスターボードシリーズのすべての高性能ボードを使用していますね。レース用の『iSonic』、フリースタイル用の『iGnite』、ウェイブ用の『UltraKode』。あなたのお気に入りのサイズは何ですか?また、スターボードの何が一番好きですか?

えぇ!なんて素晴らしいボードたち。私がいるチームが大好きです。スターボードのライダーは皆、私もとても刺激を受けていて、誰もができる限りお互いを助け合っています。そして、『iGnite 93L』は今年、フリースタイルへの突風となりました。私のすべての動きが、ボードの長さが短いため、容易にメイクできます。そして、この冬、『iGnite』で多くのことを改善できると確信しています。

『UltraKode』は、ジェイガー・ストーンと彼のお父さんが設計したラディカルなボードです。 私は、76、80、86Lのサイズを使用します。彼らの素晴らしいところは、彼らが広い範囲の条件で働くことです。このボードは、フリースタイルとウェーブのポゾ、グランカナリア、そしてオーストラリアのマーガレットリバーで使用します。過激でありながら遊び心があります!

『iSonic』は、しばらく市場で最高のレーシングボードです。最近では多くのスラロームボードが素晴らしいですが、『iSonic』は高性能でありながら信じられないほど使いやすいのがとても良いです。素早いプレーニング、制御しやすく、スムーズなジャイブ。そこに帆を乗せて、出るだけ!秘密にしたいけど…でも、72ワイドは私のお気に入りのサイズです!それと、63 ..そして83…笑。おっと、彼らはすべてとても良いです!

ありがとうサラ、最後の質問です。来シーズンはフォイルも?

私はついにボードとフォイルを注文しました。練習するでしょうが、来年は競技はしないと思います。




●フィリップ・コスターとのインタビュー
こんにちはフィリップ! 5回目のPWA Wave世界タイトルを獲得しました。おめでとうございます! 獲得した感想はどうですか?

私の5回目のウェイブ世界タイトルを獲得するのは素晴らしいことです。こんなに短い期間で、5回目を得るとは思いませんでした。今年はイベントで勝てていなかったので、今年は本当にトリッキーでした。私は最初の3戦で表彰台に乗りましたが、タイトルで1年を終えることができるとは思いませんでした。今、私は家に戻って家族や友人と少しお祝いしたいと思います!

近年、ウェイブカテゴリではあなたは誰よりも世界タイトルを獲得していますが、その秘密は何でしょうか?

私は競い合うことを楽しんでおり、可能な限り楽しみを感じています。 ちょっとした秘密は、時間を使い切る前にあきらめないことだと思います。 ホキーパでは最後のウェイブの残り10秒のおかげでタイトルを獲得したので、ランキングを維持するのに十分なポイントを獲得できました。




冬のシーズンが先にありますが、今年のあなたの計画と来年への準備は何ですか?

今は家にいることを楽しんでいますが、今後数か月で何をしましょうか。暖かくて素敵な場所で、短い旅行をしたいです。最高の波があれば良いですね。

ありがとうフィリップ。最後に、スターボードシリーズの中でお気に入りのボードはどれかを教えてくれますか。

私のお気に入りのボードは、間違いなくカーボンリフレックステクノロジー構造の『UltraKode』です。カナリア諸島では、私はそれをツインフィンで使用し、とてもルーズな感覚と、とても速いので高いジャンプを得ることができます。もっとウェイブをするような場所では、フィン設定をスラスターまたはクワッドに変更して、ボードを最大限に活かして非常にタイトなターンと難しいセクションに対応します。




●デルフィ―ヌ・カズンへのインタビュー
こんにちは、デルフィーヌ!ニューカレドニアでスラローム世界タイトルNo. 4を獲得し、今年初のフォイル世界タイトルを獲得したことを心からお祝い申し上げます!このとても成功したシーズンが終わって、どのように感じていますか?

今年のパフォーマンスにとても満足しています。私はこの新しい規律が本当に好きなので、第1回フォイル世界タイトルを獲得したことは驚くべきことであり、マリオンとアラバウ姉妹との水上での戦いはとてもエキサイティングでした!スラロームについては、今年の私の主な目標であり、シーズンの初めに良いスタートを切った後(フランスと韓国で優勝、デンマークで2位)、デンマークに自信を持ちましたが、残念ながら、このイベントの直後に足を負傷しました。ニューカレドニアでの決勝戦は、自分の足について考えすぎていたので少し難しいものでしたが、最終的には最高のレベルでセイリングでき、ついに世界タイトルを獲得しました!

勝つ秘訣は何だと思いますか?

実際には秘密はありません!ハードワークは常に報われ、精神的には強くなければなりません!セーラーが同じレベルを持っているとき、これがあなたが違いを生むことができるポイントであるので、私はこの側面にもっと取り組んでいます!

ほとんどの偉大なアスリートにとって、それは精神の状態です。あなたが競技しているとき、あなたはどのように捉えていますか?

競技を始めたとき、私は非常にストレスを感じていました。感情をコントロールするのに苦労しましたが、それは今でも時々そうです。しかし今では、経験を積んだため、たとえば怒りはエネルギーの損失に過ぎないことを知っており、競争での自分の行動のこの点を変えれてうれしいです。今日、ニューカレドニアでの競争の始まりのように、何かがうまくいかないとき、私は落ち着いて、自分の間違いを分析し、次のレースでゼロから始めることができます。私は勝つ必要があると自分に誓うことなく、決してレースをしません!毎朝目を覚ますときに、常に人生の頂点に立っていると考えることが私のモチベーションです!

2つのカテゴリで5つのタイトルを獲得しているあなたの次の目標は何ですか?

スラロームでの競技が大好きです。たとえツアーに参加して数年が経過していても。今のところ、私は2020年にもそこに行きたいです!フォイルについては、私も大好きです。来年はスラロームレースをするのが面白いでしょう。それは新しい挑戦であり、私はこの冬に準備します。現在、iQFoilは公式に2024年パリのオリンピックの新しい分野であり、この新しい分野を試してみたいと思います。私にとっては新しい挑戦ですが、まぁそれについて最終決定を下すのは少し早いですね!

あなたは主にスターボード製品の高性能スラロームとフォイルボードを使用していますが、お気に入りのサイズは何ですか?また、スターボードの何が一番好きですか?

スラロームでは、すべてのボードが大好きです! でも、お気に入りのボードを選ばなければならないとしたら、6.3と7.0を乗せた時の『iSonic 67』ですね。フォイルボードの場合、ボードはさまざまな条件で非常に使いやすいので、『Foil 177』です。このボードは、フォイルアップウインド/ダウンウインドで完璧なだけでなく、スラロームレースにも最適です!全体的に、スターボードの使用範囲は非常に広く、難しい選択をしなければならない場合でも、競争に自信を持って挑むことができます。




Photos by PWA/John Carter